一部の香港市民についてイギリスの市民権獲得にも道を開く、海外の新たな入国制度

イギリス政府は、一部の香港市民についてイギリスの市民権獲得にも道を開く新たな入国制度の詳細を発表しました。

イギリス政府は、香港市民のうち「イギリス海外市民パスポート」を持つ人に対して、イギリスの市民権を獲得する道を開くと表明、その詳細が29日、発表されました。

それによりますと、今月31日から「イギリス海外市民パスポート」の保持者とその家族は最大5年間、イギリスで居住・就学・就労することができ、その後、永住権や市民権を申請できるようになります。生体認証情報が入っているパスポートを持っている人は、スマートフォンの専用アプリでスキャンしてオンラインでも申請できるということです。

海外市民パスポートは1997年の返還前から香港に住んでいた人たちが申請できるため、現在保有している35万人に加えて、250万人が保有する資格があります。ただ、イギリス政府は、実際に移住を決断するのは向こう5年間で30万人程度だろうと予測しています。イギリス政府によれば、去年6月以降、7000人の香港市民が既にイギリスに移住したということです。